前回の投稿の後

今回の記事かなりの長文になります。
m(._.)m

前回(2日に)、
投稿したほぼ1時間後、
三重県に入り、走っていた国道も渋滞。

その渋滞を避けるために、
スマホのナビが示す、
抜け道を走りました。

国道から離れても暫く雪はなく、
峠道に近づくと道の両脇に、
雪があった。

抜け道の峠道。

峠を登ると
道路にも所々、
雪が凍ってたりした。

まだ、地面は、見える。

私は、
大丈夫?大丈夫?って旦那に言いながら、旦那は、登りを走る。

タイヤチェーンは、持ってきている。
どうしようもなくなったら、
使おう。
と思いながら、登りきった所に

「この先、タイヤチェーンを装着しないと通行できません。」の看板。
(文はよく覚えてないけど、
そんな内容の事が書いてあった。)

その近くの道路脇のスペースで、車に
チェーンをつけてる人がいました。

まさかね。

と思いながら、旦那もそのまま走って、
峠を下りはじめたら、

もう、そこは、

別世界。

道路は地面が見えないほどの雪。
その雪は、硬く踏み固められているようにガチガチ。

しかも、下りのS字カーブが続いてる。

マズイよね。と直ぐに、

何処か、
チェーンをつける場所をと思って、
旦那も車を止めようと
ブレーキを踏むけど、

車が滑って、ブレーキが効かなくなっていて、ズルズルと滑ってるのが、
隣に座っていた私も分かりました。

運良く、
カーブの途中、
道の左脇にまだ、
積雪15〜20cm位の雪が踏み固められていない場所があったので、そこの雪を利用して、
車を突っ込ませる感じで、
止まることができました。

とりあえず、止まったことで、一安心。

そこは、
進行方向に向いて、
左側が山側のコンクリートの壁、
右側が、カードレールがあって、
その下は、崖。

電柱も何の看板もない所。

「とにかく、チェーンを付けよう。」

と、慣れないチェーンに悪戦苦闘。

あまりにも苦戦しているので、
JAFを呼ぼうと、スマホで調べるにも、
電波状況が悪くて調べられない。

「119」に電話して、状況を話し、
JAFの電話番号を3つ聞いて、
電話をするも、なかなか繋がらない。

今日は、特に天候も悪いし、
お正月の帰省とかで、
JAFの利用も多いだろうから
仕方ない。

だから、
もう、とにかく、
明るいうちに、
チェーンを付けて脱出しないと。

タイヤチェーン
を付けてる最中に、

1人の男性が、進行方向から、
やってきて、

「もう1つチェーンないですよね?」と、

私達は、てっきり、
心配して声を掛けてくれたのかと思ったら、
その人も私達の車の、
右側20m位先で立ち往生していました。

私が、JAFにも電話したけど、なかなか繋がらないことを伝えると。
その人は、どうにか、
繋がるまで、
電話するしかない様子でした。

どうにか、
運転席側の前輪に
チェーンをつける事ができ、

助手席側前輪に、チェーンを付けようと、助手席側付近に私と旦那が、
立っていたら、

上から一台の車が降りてきて、
その車も滑ってる⁉︎

山側のガードレールにぶつかり、
その反動で、私達の方に向かってきてて、旦那が私を引っ張った。

気づいたら、

その車は、私達の車と
幅30cm位の所で止まった。

ちょうどチェーンを付けようとしていた、助手席側、タイヤの辺りだったから、旦那引っ張らなかったら、
危なかったかも?

相手の運転手さんもビックリしてた。

そうだよね。
ビックリします。

運転手さんも私達も、
怪我はなく、
私達の車にもぶつからなかった。

その車は、
山側の道路端にある溝にタイヤがハマって止まった形。

山側と私達の車の間に、
車が突っ込んできたので、本当、
ぶつからなかったのが奇跡なくらい。

良かった。

その運転手さんが、
警察と連絡した時に、
立ち往生してる車が、2台あること、
早急に警察からもJAFに連絡して頂きたい事を伝えて貰いました。

一息ついて、
チェーンをつける事に専念。

暫くして、
また一台、私達の前方15m位で車が立ち往生してしまった。

何十mか?後方でも1台立ち往生。

途中、スタットレスを履いた車が何台か?通過していく。

私達の車合わせて、前後で5台の車が立ち往生。
早く、JAFが来ないと、危ないよ。
と思いつつ、
警察もなかなか来ない。

こういう時の時間って、長く感じます。

どれ位時間経ったか?わからないけど、
警察がやっと来てくれて、
事故の処理と一緒に、
状況を見て、
早急に立ち往生の車両の対応をお願いする。無線をしてくれました。

私達のチェーン付けは、
なかなか、思うようにできなくて、
旦那も長男も、心が折れそうだったけど、
「絶対、大丈夫だから。」と、励まし、
交代で手伝ったりして、

やっと、
装着でしました。

そして、
下りるのに、
旦那が進行方向から斜めに向いてる車の方向を直そうと、動かすも、
後ろが、振れる。

何度やっても、後ろが滑る。

この先、2kmはこの道路状況が続くと、
警察。

また、途中で、立ち往しても困るよね。

無理か?って思ったけど、
警察の人も、
チェーンも付けてるし、
どうにかして、脱出させようと、
色々考えてくれてました。

でも、最後は、
私達にJAFを呼ぶのか?自力で下りるのか?判断は、お任せします。
との事になりました。

そして、

この先の下りは、怖いから、
今来た道を戻る事にしました。

Uターンが上手くできれば、
この雪でも登りになるから、
滑りにくいし、
今まで登ってきた道は、
ここより雪少ないから、
大丈夫だと思って。

Uターンをするのもドキドキ。

進行方向を、
変えることが出来て、
無事に、峠を下りてこられました。

もう、数キロで、雪のない道路になり、
チェーンを外す。
c0132646_1545427.jpg

付けるのは、
大変だったのに外すのは、あっという間。

ほんの数キロで、こんな道路状況が、
変わってしまうなんて、
本当ビックリしています。

看板を見てたのに、大丈夫。と勝手に判断をした、私達も反省。
旦那も暫く凹んでました。

雪は、キレイだし、遊べるし、
でも対応間違うと、
怖いです。

怖さを知らなかったから、
こんな行動してしまったんだろうけど、

今回、よ〜く勉強になりました。
(スマホのナビの抜け道は、怖い。)

本当今回、
警察の人が言っていたのですが、
この下りカーブて、
5台の車が近い範囲で立ち往生していて、車同士がぶつかることなく、
止まって、ケガ人もなくて、良かったと、
ビックリしていました。

確かに、その現場を
通過する車も何台かあって、
その車も避けながら、走っていましたから、ラッキーでした。

一時は、暗くなったらどうしよう?とか、色々考えましたが、
結果、大丈夫で、本当良かった。


私達は、JAFが来る前に峠を下りてしまったのですが、他に立ち往生していた人達も無事に帰れてると、思うけど、
気になります。

少しでも早く、下りられてたらいいな。

忘れられないお正月になりました。

長文ありがとうございました。
m(_ _)m
[PR]
by 4bee-sunny-smile | 2015-01-06 15:42 | 4bee | Comments(0)