カテゴリ:feel( 73 )

c0132646_17123538.jpg

今日、笠間のsovasovaさんで行われた、
「デポー39 天沼寿子さん」のトークイベントに行ってきました。


人生経験を重ねてきたひとのお話には、重みがあります。
改めて、
いくつ年を重ねても、
初心を忘れないでいたいと思いました。


昼食は、sovasovaさん特別メニューのお弁当。
c0132646_17253120.jpg













少しづつ、色んな種類の味を楽しみました。

生まれて初めて、
イチジクを食べました。
しかも、イチジクに生ハムが巻き!
(美味しかった~♪)

天沼さん、
主催した4seasonsの盆子原さん、
sovasovaの黒澤さん、
お会いするとホントに気さくで、素敵な人で憧れます。
[PR]
by 4bee-sunny-smile | 2010-10-02 18:53 | feel | Comments(0)
年々、
一日、
一週間、
一ヶ月、
一年のスピードがとても早く感じます。
(加速していってる感じ。)

自分が子供だった頃、
親や、周りの大人が、
「忙しい、忙しい。」と言っているのを聞いていたし、
忙しくしているのを見ていました。


母は、
朝、分単位で家事をこなして、
ときには夕飯のことも考えて下ごしらえをしてから、仕事に出かけていました。

仕事から帰ってきてからも、一息する間もなく夕飯の支度。
次のこと、次のことを考えて行動していました。


忙しくしている大人を見て、
子供の頃、
大人になったら、私もするのかな~?したくないな~?
忙しそうで嫌だな~。って思っていたけど

私も今、そんな感じで動いています。


母より早起きは苦手だけど、
作品作り、自分の時間を作るために、自然とできるものですね。


不思議です。
[PR]
by 4bee-sunny-smile | 2010-09-11 23:43 | feel | Comments(0)
今日の夕方、
私が車を運転して走っていたら、

長男が、
「夏休みも終わりか~。」と残念そうな声で、

次男は、
「明日から学校楽しみ~。」と嬉しそうな声で、

夏休み最後の日をそれぞれ、違う感じ方をしていました。


私は、ほっとしてます。
明日から気持ちを切り替えて作っていきます。

[PR]
by 4bee-sunny-smile | 2010-08-31 22:30 | feel | Comments(0)
子供達の夏休みも、あともう少し。

また、大物の作文の宿題が残っています…。



遅くなりましたが、
7月に実家に帰省したときの、
「感動したこと。」
私の中学時代の部活の先生のお話。
先生は昔、中学校の教師をしていて、ブラスバンド部の顧問をしながら、
自分のレーベンバッハという楽団を持ち、リコーダー奏者としても活動をしていました。


※ブラバン時代の記事→

6月のはじめ頃、
夜、子供達の習い事から帰ってくると、実家から携帯に電話がありました。

「中学の時の部活(ブラスバンド)の先生がTVに出てる!」と・・・・・・。
急いでTVをつけ、チャンネルを合わせると、
「出てる・・・・・。」
「1000万の借金をしてでも、ベートーヴェンの指揮を振りたい。」

先生は、今60歳。

8年前に中学校教師という職を辞めて、
清掃のアルバイトをしながらプロの音楽家という道を選んで生活しています。

教師と音楽家という両立に悩み、
色々な壁にぶつかり、離婚もし、自分の体調も崩し、
音楽への意欲もなくなり、人生のどん底を味わったそうです。
でも、ある本との運命的な出会いから
音楽への情熱を取り戻し、
サポートしてくれる素敵なパートナーとも出会い、

今回、
プロのオーケストラ、コーラス、ソリスト、有名なピアニストの方と、
ベートーヴェンの第九・皇帝の指揮をふるというのです。
場所は「東京オペラシティ」。(1000人以上客席がある会場です。)


TV放送の時点では、
1割ほどしかチケットは売れていないそうで、
「何とか多くの人に聞いてもらいたい!」


そんな話を聞いたら、
「行くしかない!」ということで、
行ってきました。


10代の頃にちょこっと吹奏楽をやっていましたが、
プロのオーケストラの演奏を、聞くのは初めて。

ましてや、
協奏曲や交響曲という、1曲が何十分もある長い曲を聞くのも初めて。
応援したい気持ちで、行くと決めたけど、
聞いてる時飽きちゃうんじゃないか?
という不安もあったり、
(行く前にベートーヴェンのCDを聞いて予習。)

でも、先生に会える喜びと、
どんな感動が待っているのか?という期待もして、ドキドキしていました。


会場内は写真が取れなかったのが残念ですが、
天井が高くて、天窓があり、ピラミッドの中に居るような感じでした。

1階席、2階、3階席、バルコニー席があって、
時々TVで見るオーケストラのコンサートホール。
客席も8割くらい埋まっている感じでした。(TVの力は凄い!)

時間になって、
オーケストラの方々が入場してきて、
チューニングを始めました。

バイオリンの奏者が一人立ち、音出していて、
その音にあわせて他の人たちも音を合わせていく。

その様子を目の前で見ているのに、
チューニングの音が、バイオリンから出ているとは思えなかったほどきれいで、
バイオリンの音ということに気づきませんでした。
(この時点でビックリしてる私。)

オーケストラの準備も整って、
指揮者(先生)が入場してきました。

TVで見た時も思ったけど、教わっていた頃より、
生き生きしていて、良い表情をしています。

演奏が始まると、
昔と変わっていない指揮の動きと、
自分の思いを叶えた先生に感動し、涙があふれていました。

オーケストラの奏でる音、
ピアノの透明な音、に引き込まれ、

目を閉じて聞いていると、
そよ風が吹いていたり、
音が空からキラキラ﨏と降り注ぐようだったり、
時には、下から渦巻くように荒々しかったり、
色んな情景や感情を感じました。

ピアノの音がこんなにも軽やかにやさしく聞こえたのにもビックリだったし、
音から感情がたくさん伝わってきて、感動しっぱなしでした。

大丈夫かなぁ。と心配していたけど、
今まで感じたことのない音の世界を感じ、
あっという間の2時間30分でした。

独学で指揮を学び、先生だった人が、
ただただ音楽が好きという思いで、
自分の夢を追いかけ、
挫折を味わいながらも、叶えることができた「思いの力。」を
目の当たりで見ることができて、
私もまだまだ、先は長くても、思い続けることの大切さを実感しました。



演奏会後、先生にメールをしたら、
「これから、さらに努力して世界へ出ます。」との返事が返ってきました。
(コレにもビックリ~!!)

  先生のHPです。
  根本昌明 ふえの旅「わ」
  
 ※オマケ
  当日TVカメラがきていました。
  演奏会の様子を、9月にTBSさんで放送する予定だそうですが、
  詳しいことがわかりましたら、お知らせしますね。

[PR]
by 4bee-sunny-smile | 2010-08-29 23:59 | feel | Comments(0)
日曜に行ったsovasovaさんのカメラ教室のお話です。

sovasovaさんの店内やお外、
モデルさんを被写体にたくさん撮りました。


プロのカメラマンさんに、
直接自分の疑問を質問できる。

自分がその場で撮った、写真についても、
すぐに質問できる。

堅苦しいお話はなく、
ざっくばらんにわかりやすく説明してくださいます。

それが、とっても嬉しい。

だから、撮るのが楽しくなります。



視点を変えて撮ってみる。

色々カメラの数値を動かして撮ってみる。

と、アドバイスして下さいました。



恥ずかしながら、少しお披露目します。
c0132646_15523959.jpg











c0132646_1559407.jpg

初めてモデルさんを
被写体に撮って
ドキドキしてしまいました。














c0132646_15532170.jpg
















c0132646_15534537.jpg















c0132646_15542559.jpg










c0132646_1633196.jpg










c0132646_1555631.jpg















もっと、カメラと友達になりたいと思いました。

ありがとうございました!


次回もあったらいいなぁ。
[PR]
by 4bee-sunny-smile | 2010-07-20 16:08 | feel | Comments(2)
誕生日は過ぎてしまっているけど、と今までにないプレゼントを頂きました。


月曜に、
日頃からとっても良くしてもらってる、
お友達のRさんからメール。


「ポストヲミヨ。」

ポストを見ると、

かわいくラッピングされた「ミニブーケ」と「CD」
c0132646_1862823.jpg








(あっ。お花! は?)





CDは、お友達が、チョイスした曲が入っていました。
(アリガトウ。)


Rさんに、お礼の電話をしたら、
「まだ、サプライズは続くから楽しみにしててね。」と。




水曜、Rさんも知っている
Aさん家の「tea party」に行ったとき、

またまた、Aさんが、「Rさんから渡すように頼まれたの。」と
c0132646_1819458.jpg

このラッピングもカワイイデス~。

オレンジケーキとチョコケーキ
(どちらも私好みの味で2日に分けて頂きました。)




私「・・・・・・。」

その日、Rさんは、お茶会に参加していなくて、
一瞬、事態を把握できませんでした。

しかも、Aさんの手作りケーキ。

私のために、
RさんがAさんに、ケーキをお願いしていたそうです。
(Aさんが作るお菓子は、ホント美味しくて。)

ちょっと、涙腺がゆるくなりました。が、なんとかこらえて。
(アリガトウ)


こんなサプライズなお祝いは、初めてです。

あとから、ジンワリ、ジンワリ、心に浸みます。



そして、またRさんにお礼の電話をすると、

「もうひとつサプライズがあるから…。」

と言われました。


金曜(昨日)に、

美容室(カラーとカット)に行くと、

店員さんが、

「Rさんからのプレゼントで、
トリートメントコースをプラスするように、
言われてますので、追加させて頂きます。」と。


「…。」


Rさ~ん、この事だったのね。

もうビックリです。


髪も艶々サラサラで、気持ちよく美容室を出ました。
(アリガトウ)



今までで、
こんな誕生日プレゼントは、初めてです。

RさんやAさん、「オメデトウ」と声を掛けてくれたお友達、協力してくれた人。

私を
驚かそうと、
喜ばせようと、
楽しませようとしてくれて

「本当に、どうもありがとう。」

その心遣いが、
とっても嬉しいです。
(シアワセネ~。)


充分、楽しませて頂きました。



忘れられない「Happy birthday」です。





主人は、
「Rさんにそこまでされたら、
来年俺はどうしたらいいんだ?」
と、ボヤイテイマシタ。

[PR]
by 4bee-sunny-smile | 2010-07-17 12:25 | feel | Comments(6)
先日、久しぶりに、
リンクさせてもらってるangeliqueさんのお茶会にお邪魔してきました。

手作りのお菓子がいつも美味しくて、ついつい食べちゃいます。

c0132646_2230643.jpg


チーズケーキ♪

あっさり食べやすくて
美味しかった~。





c0132646_22224549.jpg
ほうじ茶杏仁♪

これが、衝撃的な味でした。

お茶と杏仁の組み合わせが
こんなに合うなんて!
さっぱりしてて、
いくらでも食べられそう~な感じです。



他にもあったのに、写真撮るのを忘れてしまいました・・・・・。




ここに来る人たちは、
自分を向上しようとしている人たちで、勉強になります。

いつも、私がその時、必要としてるお話をしてくれます。



今回も、とっても幸せな気分で、家に帰りました。
[PR]
by 4bee-sunny-smile | 2010-06-28 22:44 | feel | Comments(2)
今週、月曜の朝早くに、私の実家の母から電話がありました。

夜中に父が、お腹が痛くて救急車で病院に運ばれて、午前中に手術をするから。と、

びっくりしました。

先生も原因の予想はしてても、実際手術をしてみないと、
詳しい検査をしていないので、状況がかわるかもしれない。

と言われ、

母が一人で待つのは、
不安で心配だろうと思い、

旦那にお願いして、家族で実家に向かいました。

車で3時間、片道200㎞。





病院の入り口で母が待っていました。

ICUに入ると、父は眠っていました。
起きていると、痛くて痛くて辛いので眠らせているそうです。

そして、
手術室に入る前、父に声をかけることができました。
長男が「■■ちゃん(父の名前)がんばって。」
というと、

「がんばる~。」
と弱弱しい声でこたえていました。

次男は、
ベッドに横になっている父の様子に戸惑って、固まっていると、

「■■は?(次男の名前)」を呼び、
次男も声をかけました。

母、主人、私も声をかけ、手術室に入っていきました。



私が子供の頃の父は、「厳しい。」「まじめ。」というイメージです。
思春期もあって、中学、高校ぐらいの時は、あまり、話した記憶がない。


あっ。
中2の頃だったかな?
2回続けて通信簿の成績が落ちて、その2回目の時、
父に凄い勢いで怒られ、
私の部屋に置いてあった、TVを放り投げられて壊れたことがありました。

半年ぐらい私はTVが見れなかった。

TVが見れない、ということもあって、その次の学期の成績は、上がりました。

今では、笑い話だけど、当時はね~嫌だった。(今でもいるかなぁ~そういう人)

そんな、勢いの父の弱弱しい声には、なんだか寂しかった。

私が結婚して孫ができ、こんなにも変わる?と思うくらい丸くなり、
今まで家事は、何もしなかったのに、
家の掃除をしたり、洗濯物を取り込んだりしてるそうです。




心配していた手術も無事に終わって、
麻酔が覚めてから父に会いに行きました。


父は、
「ごめんね。ごめんね。」と何度も言っていました。

少し私と話した後、
父が手を伸ばし、母が手を握った時、
「あったかい~。」とまた弱弱しい声で、
しみじみ言っていました。

看護婦さんが目が覚めた直後、
父は、母の名前を呼んで、
感謝の気持ちを言っていたそうです。

私も、
今まで口下手で父は、
そういうことを言う人じゃなかったから、
ビックリしたけど、
「母のこと想ってるんじゃん。」と思って、
何だか嬉しかった。



手術して、今回大変だったけど、
こういうことがなければ、
母も私も父のこういう気持ちは聞けなかったと思うから、
良かったな~。って思いました。


痛みの原因は、十二指腸に穴が開いてしまったことでした。
後から、父は先生に「ずいぶん我慢しましたね。」と言われたそうです。
(母も脇にいましたが、父は無言だったそうです。(困))

母も体調の変化には、気づいていて検査しに行こうと、
すすめても行かなかったり、傷みを強く訴えていませんでした。
「もう明日行くよ。」と言っていた矢先に、運ばれてしまって、
母も悔やんでいました。
でも
父ももう、十分分かってると思います。


今まで何で、体調が悪いのか?分からなかった父も不安だったと思います。
それを見ている母も不安だったと思います。

原因が分かって良かったです。



電話で様子を聞くたびに
元気になってきているようで、安心しています。
[PR]
by 4bee-sunny-smile | 2010-05-21 09:36 | feel | Comments(4)
最近、
作品作りの合間に、クッキーを作っています。

「モノ作り」で、
良いアイデアが出るときもあれば、煮詰まるときもある。
長時間作業していると、どうしても集中力が途切れやすかったりするので、

一旦、その作業から離れて、
お菓子作りに没頭。

そして、
気分もスッキリ!

お菓子を作ってるときは、
あまり考えず、ただ、ただ、作る。

「無」に近いのかしら?

今までは、子育て、家事の気分転換が「モノ作り」。

それが、いつのまにか

「モノ作り」の気分転換にお菓子作り。

変わってる!


適度に、気分転換をしてからの方が、
作業の進み具合もいいし、「楽しい!」がkeepできるような気がする。


一旦離れる勇気、知りました。
[PR]
by 4bee-sunny-smile | 2009-12-16 21:47 | feel | Comments(2)
今週は、納品用の作品作りは、お休みして
お友達とお茶や、洋服の衣替え、美容室に行って、
気分転換の週になってます。

久しぶりに子供の長ズボンを作ろうと思ったら、
急にミシンの調子が悪くなり、
ミシン屋さんに修理に来て直してもらったり、

ちょっとお休みするタイミングだったのかも。


先日、あるお店で、オーナさんにモノ作りの相談をしていて、
私にとって、「今と~っても必要だと思う話」をしてくれました。

自分で忘れる前に書いておいたいと思って紹介させていただきますね。

唐突ですが、

例えば、
お店で扱う商品をどういうお店から買いたいか?

まったく同じ商品の比較で、

A店は、あまり営業マンとのやりとりは少ない。
     急な納品をお願いしても、形式的なやり取りになってしまう。
     でも、どこよりも、どこよりも、安く買える。

B店は、A店よりは値段は高くなってしまう。
     が、マメにお店に顔を出してくれる。
     お店が急な納品をお願いしても直ぐに対応してくれる。
     オーナーだけでなく、従業員からも信頼を得ている。
     商品情報もよく勉強していて、質問をすると直ぐに答えてくれる。
     商品以外のことでも、お店側にとってメリットがある情報を提供してくれる。

     「その人にしかない情報、行動。」そういう魅力がある人から
     たとえ、他店より値段が高くてもB店で買いたい。

     「その人柄で買う。」

     仕事をする上で、
     お互い気持ちよく仕事が出来る人。
     
     なれなれしくするんじゃなくて、
     適度な緊張感をお互い持って接する。



     なんたが、とっても「ストン!」と自分の中に入ってきて、
     自分の必要な事。が見えてきた気がしました。

     
     私もお店に行った目的以外に、
     こういうお話が聞けて、
     オーナさんの人柄がいいから、
     お店に通ってるんですよね。









     
     
[PR]
by 4bee-sunny-smile | 2009-10-22 09:37 | feel | Comments(0)