カテゴリ:4bee( 158 )

つい先日、
出かけた帰り、
自宅の駐輪場に置いてあった私の自転車がないことに気づきました。

「???。」「・・・・。」「???。」

最後に乗った記憶をたどれば2日前の朝、
ごみの収集日で、捨てに行くのに使ったのが最後。

前日の夕方、駐輪場のそばを通ったのに
「あったか?」「なかったか?」記憶がない・・・。

記憶がないということは、

何も違和感を感じなかったということで、

いつもと変わりない状況だった。

と判断したけど、

はっきり見て覚えてるわけじゃないので、
結局、いつ盗まれたかは、はっきりしません。

12年前に結婚した時に、
それまで持っていた愛車を売ってしまったので、
新しく自転車を買い、4.50分かけて街中まで行ってみたり、
近所のスーパーに行く時はもちろん大活躍です!

(考えたら思い出あるなぁ。)

ハンドル、スタンド、色んなところが錆びていて、
「ボロボロ」と言えば「ボロボロ」

子供たちが幼稚園の頃は、よく乗っていましたが、
今は、たまに乗るくらいでした。


肝心な「鍵」をしていなかったので、私にも責任はあります。

「こんな古い自転車盗る人なんていないよね。」

と思っていたので、もう5.6年鍵をしていませんでした。


でもね~、無くなると不便なんです~。

ちょっとのごみ捨て、銀行、郵便局、スーパー…、

鍵をしてたら、大丈夫だったかもしれない。と思うと残念です。



あまりに古いので、警察に言うのもどうか?と思ったのですが、
一応、防犯登録の紙があったので、
翌日に近所の交番に「盗難届」をだしました。
(その用紙が残ってることにビックリ。)

交番での、おまわりさんの質問の中で、

お「自転車を買ったときの金額は?」

私「34,000円位です。」

お「時価は?」

私「時価って言われても、私が決めていいんですか?」

お「使用年数とともに価値は下がりますが、
  今の自転車に値段をつけるとしたらどれくらいですか?」


私「もう古いから、値段つけるのも申し訳ない感じです。」

お「0円、というわけにはいかないので…、じゃぁ、1,000円。」

私「1,000円。」  
  (1,000円って言われちゃうと、なんか微妙、もうちょっと高くても~なんて思ったり。)

交番で道を聞くぐらいしかしたことなくて、そういう「届け」を出すとかは、
初めてで、そんな「時価」を聞かれる事も、自分で決める事も、知りませんでした。

事件が起きて、テレビで、「被害総額時価○千万円」とかいうのなんですかね。
(どうなんでしょう?)


見つかったら連絡します。と言われ1週間近く経ちますが、
まだ、連絡はありません。


あぜ道に転がってるのかなぁ?
どこか遠い山の中?

「どこにあるのか?私の自転車。」


どうかみなさまも、盗難にはお気をつけ下さいませ。
[PR]
by 4bee-sunny-smile | 2008-06-18 22:25 | 4bee | Comments(0)
我が家の長男は、話を伝えるのに文章の組み立てがうまくいかず、
いきなり、

長男 「かーちゃん。今日学校で、でたよ。」
私   「何が?」
長男 「給食で~カレー。」
と言う感じな会話が多く、

日頃、私が長男に、「『何が。』を言わないからわかんないんだよ。」
と注意していました。


ある日の私と旦那との会話。
私   「今日、新聞に載ってたよ。」
旦那 「何が?」
私   「あの、この間テレビで宣伝していた○○○。」

その後、

旦那 「かーちゃんも主語がないから、長男も主語がないんだよ。」
私   「・・・・?・ ・ ・!!」


そこで気づきました。

長男の主語がないのは、日頃一緒にいる私の主語がない話し方が原因?!

そうよねぇ~。

よく考えてみたら長男は、小さい頃から、この話し方を聞いて育ってるんだから、
親のを真似るよね。

と、反省。

『以後気をつけます。』
[PR]
by 4bee-sunny-smile | 2008-02-25 13:45 | 4bee | Comments(0)
c0132646_1884114.jpg
我が家の長男は、
レゴブロックが好きで
自分で考えて、
飛行機、車、船、色々作ります。
出来上がると、旦那や私に
どういう風に動くか?とか
作品の説明をします。

(たまに写真に撮ると喜びます。)

最初は箱に書いてある通りの作り方をして、子供も少しはその形で遊んでるのですが、
しばらくすると、少しづつ形が崩れていって、自分流にパーツを代えたり、足したり、
しています。
(私としては、もうちょっと最初の形で遊んで欲しい気持ちです。)

ホント子供は、発想が豊かです。


あと、「レゴ」と言えばもう一つ思い出すことが…、

c0132646_18191647.jpg

次男が4才10ヶ月の頃
(幼稚園年中サン)、
この大きさ(幅約8㎜、高さ約5㎜)の
丸いパーツを鼻の穴の中に入れて
しまったのです。




気づいたときには、もうすでに入った状態で、もう焦りました。
見ると、鼻の穴の奥にブロックがコロンと入っています。
(分かりますでしょうか?)
何か細い棒やスプーンの様な物で掻きだそうかとも思ったけど、
「もし奥にいっちゃったら?」と思うと怖くてできません。

時間は、もうすでに15時になろうかとしています。
家から車で2.3分のところの耳鼻科は15時までです。

でも、私には取れない…。

とっさに耳鼻科に電話をして、事情を話して先生に待っててもらい、
向かいました。(ホッ。)

行くとすぐに名前が呼ばれ、診察室へ

次男を私の膝座らせて、先生の前へ…先生は、ピンセットでサッと取り出しました。
あっという間、2.3秒の出来事です。

「気をつけて下さいね。」と私は注意を受け、
取り出したブロックは、病院で参考資料にしたいとの事で、
そのまま蓋付きの小さい容器に入れられました。

何事もなかったから笑える話ですが、

私もまさか鼻に入れてしまうとは、ビックリです。


今も子供には、ヒヤヒヤさせられます。
[PR]
by 4bee-sunny-smile | 2008-02-16 10:38 | 4bee | Comments(0)
先週から、

兄弟で歯医者(定期検査)

長男の眼科(定期検査)

自分も歯医者(治療)と整復院、婦人科系の健康診断、
(以前に階段から落ちて、自覚症状はないものの腰が心配で行きました。)

12月に入り、思い出したようにバタバタと予約を入れて、
「何でもなければ、それで安心なのよ。」と行きました。

眼 科=長男の遠視は、少し回復してきて、「一安心。」

歯医者=長男は、虫歯もなくOK!
      次男は、虫歯はないが、顎が小さく歯並びが悪く、今後様子を見ていく。
      私は、順調に治療中。

整復院=何でもないと思っていたけど、骨がズレてる箇所があって、今後通院です。

婦人科系の健康診断=結果待ち。


「回復」すれば喜んで、「様子を見ましょう。」と言われれば心配になり、
気持ちが上がったり、下がったり。(疲れました…)

もう少し早く、動いておけば良かったと反省。


そして!

ひと通り、病院に行って落着いたとおもったら、

先週土曜の朝、長男が体重を掛けると右足カカトが痛いと、
つま先歩き状態です。

激しい動きをしていたわけではないのに、
急に痛くなったそうです。
夕方になっても治らなくて、日曜は、私が触るだけでも痛がります。
見ていると、正座をしたりしてるし、カカトが腫れてる様子もないし、
不思議です。

年頃の男の子によくある「成長痛?!」膝は聞いたことがあるけど「カカト?」


月曜に、整形外科に連れて行きました。
今朝は、昨日ほど痛がりませんが、つま先歩きです。

レントゲンを撮って、見てもらいましたが骨に異常はありません。

日常生活で、歩いたり、走ったりして炎症を起こしているのでしょう。
と言われました。(ん…???)
「子供のカカトは、これから成長するので軟骨になっている。
その軟骨とアキレス腱が繋がっていて・・・・」
(説明がわからなくてよく覚えてません…)

結局、
昨日よりは良くなってきているので、大丈夫でしょう。
学校も体育は休んで、必要最小限に歩くようにすればいいですよ。

と言われ、
炎症を抑えるシップ薬をもらって帰りました。

足以外はとっても元気で、家に居ても飽きちゃうだろうしで、
学校の登下校を車で送り迎えをして行っています。


(成長痛だったんだろうか?
 日常生活で炎症を起こすなんて、普段から活発だと思ってるんだけど、
 何だかハッキリしないまま、少しづつですが、
 カカトを上げて歩く角度が低くなってきています。)



今回、長男が具合が悪くなり、動かないようにしてもらっているときに、
私がいつもの調子で、
「皿とって!」「コップ出して!」とか何気に言っていて、「あっ具合悪いんだ。」と気づき、
日頃、お手伝いをよく頼んでるんだなぁ。と改めて感じ、
長男に「ありがとう。」
長男の代わりに手伝いをしてくれた次男に「ありがとう。」です。
[PR]
by 4bee-sunny-smile | 2007-12-19 11:21 | 4bee | Comments(0)
今だから笑える話です。

横浜のイベントのとき、子供達は旦那にお願いして、
一人で、自分の実家に泊まっていました。


今の実家は、私が結婚した後に両親が移り住んだ家で、
私の思い出があるような、ないような、お客様状態のところもあり、
でも実家だし、微妙な感じです。

それまでの平屋から、2階建てに変わりました。
(たまにしか帰らないし、家の階段はとても急で、階段に慣れていない!?)

イベント1日目が終わった夜、
実家の2階でアイロンをかけていました。
旦那にテレビの予約をお願いしようと、
1階に携帯を取りに、階段に足を一歩、踏み出したその一歩が…、
足の裏が階段の淵に滑って、


「ドン!!」「…。」

と尻もちをついて、

とっさに左上にある手すりを掴みましたが、


手は、手すりを掴んでいるのに、勢いが止まらず一段づつ、

「ドン!、ドン!、ドン!…。」

と直線に一番下まで落ちていきました。


両親は、何事かと様子を見にきました。
動かない姿を見て、心配して声をかけてきます。

ホントにお尻が痛くて痛くて、返事もできず、
落ちたままの上体で、何秒か固まってました。


(自分で体が動くのを確認→大丈夫。)

左肩とお尻を打って、アザができました。
階段上部から落ちたのに、私のお尻のお肉のお陰で、
大きなケガにならなくてすみました。(困)

両親は、動かない様子を見て、一瞬にいろんな想像をしたそうです。
救急車を呼ぶのか?明日の2日目のイベントは?
足でも折ったのではないか?
心配を掛けてしまいました。

我が家の息子達も、赤ちゃんの頃から実家に遊びに行ってますが、
階段でケガをしたことがありません。
日頃、両親にも気をつけるように言っていたのに、
私が・・・・ねえ~。 立場がありません。
お恥ずかしいです。

少々痛みはありましたが、無事に2日目のイベントに参加できました。



私は、時々何かやってしまうのです。

運よくいつも大事には至らず、助けられていて、
ありがとう。です。

今後、階段は気をつけます。
[PR]
by 4bee-sunny-smile | 2007-12-04 13:49 | 4bee | Comments(0)
先日、テレビをつけたら、画面が揺れて映りが悪い状態になっていました。
3.40分前は普通に映っていたのに…。

今までも、近所を走る車の無線の影響で、
同じような状態になることもありましたが、
今回は、何分経っても直らないし、他の部屋のテレビはきちんと見れるので、
おかしい!?やっぱりテレビ???

最後には、どのチャンネルも見えづらい状態になりました。

それでも、私は信じられなくて(受け入れたくない)
明日になれば…と翌朝点けてみましたがやっぱり…映りが悪い…。

このテレビ(ブラウン管)を買ってから11年、
デジタル放送に切り替わるギリギリまで
「あともう少し」
頑張ってほしいと思っていましたが、突然壊れました。

液晶テレビは、やっぱり高価。

主人は、今より大きい「インチ」を欲しがっていて、
どうしても気になる「¥」。


休みの日、大型電器店に午前中から出かけました。


A店(1件目)

テレビコーナーに行くと、すごい数の薄型テレビが並んでいて、
何から見ていいか?迷うほどです。

自分たちの予算と大きさ、機能で、合う商品を、店員さんと色々話したところ、
今、我が家で使っているDVDレコーダーもデジタル放送を録るには、
買い換えた方がいい。と言われ、
テレビだけの予算しか考えてなかったので、目がテン。

結局、

A店で、「テレビ+デジタル用レコーダー+ケーブル」の
見積もりをとってもらい、B店へ向かいました。


B店(2件目)

目標は、「A店見積もり額-20,000円」

早速、「A店とほぼ同じ商品+転倒防止マット」で交渉をしました。

1度目は、「A店見積もり額-9,000円」
A店より商品がプラスされていてお得感があって、
いつもだったら、このぐらいの交渉で決めてしまうのですが、

今回の主人は、違いました!!

まだまだという顔で、店員さんに再度交渉をしました。
店員さんも遠くの方で、他の店員さんと話しています。

そして、
2回目は、「A店見積もり額-20,800円」

目標達成です。
(リサイクル料は、別に支払いました。)


「店員さん、主人よ!ありがとう!!」


突然の出費で、しばらく節約生活になりそうです。(涙)
[PR]
by 4bee-sunny-smile | 2007-10-23 22:07 | 4bee | Comments(2)
次男が年長さん(6才)のとき、

私が縫い物をしていると、

「僕にも布ちょうだい。」
(今まで言ってきたことはなかった。)

と、次男が言ってきて、7cm角ぐらいの布を渡しました。
(何か作りたいみたいで)

紙に何か絵を書いて、紙に布を巻きつけてみたり色々しています。

あれこれ考えてる様子で今度は、

「袋みたいに縫って!」

と言ってきたので、袋状にして、渡しました。

 

何分か経って、

作っていたものに、アメを入れてプレゼントしてくれました。 

c0132646_17461610.jpg
(画像がよくなくて、申し訳ありません。
色々角度をかえて
撮ってみたのですが…難しいです。(汗))

袋を手で抱えているようセロハンテープで貼ってあって、
顔は、我が家の長男にそっくりで、

見た瞬間、可愛らしいのと、こんな発想をすることに感心しました。






今まで、画用紙に、おり紙を貼り付けたり、
箱を使ってちょっと意味不明なロボットを作ったり、というのはあったけど、
たまに「コレ!」とくるのがあったりして、

子供って面白い。

普段、「ガミガミ」しがちで「あーあー」なんてため息ついたりしてると、
時々こういう私の「ツボ」に入ることを、
子供たちがしてきます。
やっぱり、笑ってる方がいいんでしょうね?!
(なかなか続きませんが…)

 
[PR]
by 4bee-sunny-smile | 2007-09-13 06:49 | 4bee | Comments(0)
 わが家の次男(小1)は、夏休みに入ってから、虫かごを斜めに肩からさげて、
家のとなりの空き地にバッタを探しに出るようになりました。
(「見つけるんだ」と意気込んでカゴをさげてる姿は、子供らしくて微笑ましいです。)

c0132646_17393324.jpg 虫に強いわけでもなく、触れる虫はカブトムシやクワガタ、
 バッタ…位で、数少ないです。
 
 ある日、地面にひっくり返っている蝉を、つかもうと手を伸ばして
 近づいたときに、「ジジジジジーッ!!」と急に鳴きだして、
 もうビックリ!!!(私も苦手です。)
 
 それから、地面にいる蝉には警戒して遠回りして歩いたりしてました。


 
 そんなだったのに…


今年の夏、実家に帰って私の母と次男で、虫取り網とカゴを持って、
虫取りにでかけました。

そして、意気揚々と

 「ただいま~!」「かーちゃん、いっぱい採ってきたよ~。」
(我が家の息子2人は、小さい頃から「ママ」「おかあさん」と呼ばずに「かあちゃん」
 と呼びます。「ママ」「おかあさん」と呼ばれるのに憧れます。)


と楽しそうに帰ってきました。
部屋にカゴを持って入ってきて、私が見上げたとき、

 「ヒィエーッ!!!」「もう、向こうに持って行って!!!」

と想像以上のことで驚きすぎて、とっさにそんな言葉を言っていました。

私の隣にいた長男(小3)は、驚きのあまり恐怖を感じたときと同じ、
強張った表情をして、
一瞬、声も出なくて2.3秒、間を空けて泣き出しました。

虫カゴの3分の2くらい、鳴くこともできなほど、
いっぱいに蝉が入っていたのです。
私も、一瞬しか見ていないので、
何匹かは想像がつきません…。
(あえて、これ以上は書きませんが…気分を悪くされた方、ごめんなさい。)

私たちがあまりにも驚いてるので、すぐに次男は、
母と蝉を逃がしに行きました。

逃がして帰ってきてから、次男が長男に

 「ごめんね」

とアイスを持ってきたのですが、次男の姿を見て長男は、また驚き、
アイスは「いらない」と断られてしまい、
ホントに寂しそうに部屋を出て行きました。


後から、母が私に

 私もどうしようかと思ったけど、
 散歩している通りすがりの人にも「見て見て!」と自慢げに見せたり、
 1匹1匹を採っている姿がとっても楽しそうでいい顔をしていたから
 言えなかった。
 
と話してくれました。 
  
 
私もビックリしすぎて思わず、ヒドイことを言ってしまったと、
後から次男に謝りました。
 
そして、「今度からは、多くても10匹くらいにしようね。」と約束をしました。

 

「帰ったら、採った蝉の写真を撮ってもらう。」とも言っていらしく、
苦手だった蝉が取れるようになって嬉しくて、いっぱい採って、
みんなに見せて褒めてもらえると思ったのに、
予想外の反応でショックだっただろうなぁ。と次男の気持ちを考えると、
褒めてあげたらよかったと、思いながらも私も苦手なので、
複雑です。
 
   
別の日に、次男は自分で小さい蝶を、
父に黒アゲハ蝶を採ってもらって喜んでいました。

c0132646_17395316.jpg記念に
写真をとりました。


次男 へ
がんばってとったね。
かーちゃん より

 
[PR]
by 4bee-sunny-smile | 2007-09-02 01:12 | 4bee | Comments(0)