我が家の長男は、話を伝えるのに文章の組み立てがうまくいかず、
いきなり、

長男 「かーちゃん。今日学校で、でたよ。」
私   「何が?」
長男 「給食で~カレー。」
と言う感じな会話が多く、

日頃、私が長男に、「『何が。』を言わないからわかんないんだよ。」
と注意していました。


ある日の私と旦那との会話。
私   「今日、新聞に載ってたよ。」
旦那 「何が?」
私   「あの、この間テレビで宣伝していた○○○。」

その後、

旦那 「かーちゃんも主語がないから、長男も主語がないんだよ。」
私   「・・・・?・ ・ ・!!」


そこで気づきました。

長男の主語がないのは、日頃一緒にいる私の主語がない話し方が原因?!

そうよねぇ~。

よく考えてみたら長男は、小さい頃から、この話し方を聞いて育ってるんだから、
親のを真似るよね。

と、反省。

『以後気をつけます。』
[PR]
# by 4bee-sunny-smile | 2008-02-25 13:45 | 4bee | Comments(0)
c0132646_1884114.jpg
我が家の長男は、
レゴブロックが好きで
自分で考えて、
飛行機、車、船、色々作ります。
出来上がると、旦那や私に
どういう風に動くか?とか
作品の説明をします。

(たまに写真に撮ると喜びます。)

最初は箱に書いてある通りの作り方をして、子供も少しはその形で遊んでるのですが、
しばらくすると、少しづつ形が崩れていって、自分流にパーツを代えたり、足したり、
しています。
(私としては、もうちょっと最初の形で遊んで欲しい気持ちです。)

ホント子供は、発想が豊かです。


あと、「レゴ」と言えばもう一つ思い出すことが…、

c0132646_18191647.jpg

次男が4才10ヶ月の頃
(幼稚園年中サン)、
この大きさ(幅約8㎜、高さ約5㎜)の
丸いパーツを鼻の穴の中に入れて
しまったのです。




気づいたときには、もうすでに入った状態で、もう焦りました。
見ると、鼻の穴の奥にブロックがコロンと入っています。
(分かりますでしょうか?)
何か細い棒やスプーンの様な物で掻きだそうかとも思ったけど、
「もし奥にいっちゃったら?」と思うと怖くてできません。

時間は、もうすでに15時になろうかとしています。
家から車で2.3分のところの耳鼻科は15時までです。

でも、私には取れない…。

とっさに耳鼻科に電話をして、事情を話して先生に待っててもらい、
向かいました。(ホッ。)

行くとすぐに名前が呼ばれ、診察室へ

次男を私の膝座らせて、先生の前へ…先生は、ピンセットでサッと取り出しました。
あっという間、2.3秒の出来事です。

「気をつけて下さいね。」と私は注意を受け、
取り出したブロックは、病院で参考資料にしたいとの事で、
そのまま蓋付きの小さい容器に入れられました。

何事もなかったから笑える話ですが、

私もまさか鼻に入れてしまうとは、ビックリです。


今も子供には、ヒヤヒヤさせられます。
[PR]
# by 4bee-sunny-smile | 2008-02-16 10:38 | 4bee | Comments(0)
私の母は、小さい頃のおもちゃ、小中高時代の通信簿や図工で書いた絵、習字、
その頃習っていたそろばんの検定の賞状、母子手帳などなど、少しづつ
思い出の品を残していてくれていて、結婚した時、段ボール箱に入れて渡してくれました。


押入れの上の隅にずっと置いてあったその箱を、最近開けてみました。

c0132646_12193371.jpg

サンリオキャラクター「キキララ」の子供用のミシン。
小学校の低学年(ハッキリ覚えてませんが…)のクリスマスか誕生日のプレゼントに
両親に買ってもらったものです。

私の母も、ミシン、編み物(編み機があったときもありました。)、と他に文化刺繍に
ペーパーフラワー、色々と作っていました。

(今は働いているので、昔ほど作りませんが、目が疲れると
言いながらレース編みをしています。)

その影響もあって、

小さい頃、母の持ってたミシンの「硬いカバー」、
ミシンの上から「ガチャン」と片付ける姿に憧れて、買ってもらいました。
(とってもカッコよく見えました。)
(とても簡単な理由。)

ミシンは、上糸のみで縫うタイプで、電池を入れて「ON」「OFF」のスイッチで
電動で動くようになっています。


カバーや本体汚れはあるものの、拭いたらキレイになりました。

「はずみ車」(ミシン右側にある手で回して針を動かすところ。)を
動かしてみたら、動きます!試しに布を置いて縫ってみたら、きちんと縫えました!!
(3●年前!?のが動くなんて感動です!!!)

今見ると、糸調子を合わせるダイアルがあったり、玩具とはいえ、
きちんとできていたんだなぁと思います。

当時は、糸が絡まったりしてうまく縫えなくて、使いこなせていませんでした。
(今思うと、糸調子なんて意味が分からなかったし、もっと簡単にできると思っていたんだろうし、ただただ、欲しかったんだろうなぁ。)


いま、ミシンが好きで物作りをしています。
どうしても、昔から繋がっていたような気がしてしまいます。(笑、嬉)


あと、懐かしい思い出、見ると嬉しいですよね。
息子達の玩具も、お気に入りだけでも残しておきたいと思いました。



他にもこんなものが残っています。
c0132646_135674.jpg

トイストーリーに出てきた、「スケッチ」の昔バージョン!?
茶色の家具セット、グリコのおまけ(男の子、女の子バージョンがあったと思う。)
カリメロの人形は、足が折れてしまっていました。
どこかで見たことあるのに、白い犬の名前は、思い出せない…。

c0132646_13562896.jpg

外国っぽい?
60秒以内にパーツを同じ形のところにはめていくゲームです。
時間が過ぎると、「ボン!!」とはめたパーツが全部飛び出してしまいます。
(けっこう大きな音でホントにビックリします。)

試しに息子達にも遊ばせたら、意外とハマッテ「もう一回」「もう一回」とやっています。
タイマー中「ジーッ」。と音が出てるので緊迫感と「ボン!」とくる恐怖で、
自然と焦ってしまいます。
[PR]
# by 4bee-sunny-smile | 2008-02-10 13:29 | Comments(0)
早いもので、今日で1月も終わりです。

まだまだ、寒くでマフラーや手袋、帽子、手放せません。

自分用にマフラーを編みました。
c0132646_1124426.jpg

以前紹介した編み物の本。
アラン模様の小ものの中から配色を少し変えて作りました。

この本に載っている作品のデザイン、何ともいえない毛糸の風合いがとても好きで
久しぶりにお気に入りの本です。(元をとったというくらい、表紙がヨレヨレです…。)

メーカー物の「いいな!」と思う毛糸はやっぱり1玉が高くて、
いつも似たような毛糸で安いのを買って、作るのですが、
今回は、色が気に入って、本に載っているのと同じ種類の毛糸を買って編みました。


「やっぱりイイ!!」
編みやすいし(編んでる途中で糸が割れない。)、
編んだ後も型崩れがほとんどありません。
色もイイ。

編んでて、出来上がりが楽しくなります。

「やっぱり値段?!」なんでしょうかね~?と思ってしまいました。
[PR]
# by 4bee-sunny-smile | 2008-01-31 11:17 | 作品 | Comments(2)

オーバースカート
c0132646_17183976.jpgc0132646_17151115.jpg



   




        ↑後ろ、
 ポケット部分のアップです。

←前 


厚手のフリース生地(リバーシブル生地で裏は、紺色のチェック柄)で、脇ファスナーです。
寒い冬は、とっても暖かいです。


自宅近くの雑貨屋さんに、去年11月終わり頃から商品を置かせていただいていましたが、
1月12日にオーナーさんの都合で、残念ながら閉店してしまいました。



お店には何度か行ったことがあって、以前、委託商品も置いている話を聞いて、
「今度商品を作ったら見せに来ますね。」
なんて、話をしていたのにずっと行っていませんでした。

その頃、「作りたい思い。」はあるのに、
いざとなると、不安で自信がなく、
すぐに行動に移せませんでした。

そして、1年半後、作品を持って行ったら、
オーナーさんは覚えていてくれて、

「もしかして、閉店するかもしれないので期間は短いけど、
それでもよかったら、いいですよ。」
という話でした。

お店の雰囲気も落着いていて、ナチュラル雑貨、和食器などが置いてあります。
ごちゃごちゃしていなくて、シンプル、それぞれの商品の主張がわかるディスプレイです。

期間が短くても、何点か商品(小物類、オーバースカート、ニット帽、他)
を置かせてもらうことにしました。

お店とは、1ヶ月半位の短いお付き合いでしたが、
商品が動いた(旅立った)と話を聞いては、
何度か商品を追加したり、最後の最後には、
オーバースカートのオーダー(上部写真)をいただいて、嬉しい限りです。

オーダーをしていただいたお客様とは、
ちょうどお店に届けたときにお会いして渡すことが出来ました。
(委託だとなかなかそういう機会がありません。)

自分の作った作品を、お客様が試着する。
そういう場面に私がいるなんて、恥ずかしいやら、嬉しいやら、もうドキドキです。
(大丈夫かしら?私が居ると気を使ってNoと言えないんじゃないか?…)
と勝手に想像が広がっていきます。

試着後、気に入っていただいて、旅立っていきました。

ありがとうございます。

自分の商品を手にとって何か反応してくれたり、喜んでくれてるお客様の顔を見るのは、
本当に嬉しいです。
(気が引き締まる思いと、これからもがんばろうという気持ちになります。)

他に「4bin」商品をご購入してくれたお客様、
アドバイスしてくれた雑貨店オーナー様、
本当にありがとうございます。

また、次に向けていいものを作っていきたいと思います。


おまけ
旅立っていった帽子を紹介
c0132646_18463974.jpgc0132646_1846562.jpg
[PR]
# by 4bee-sunny-smile | 2008-01-23 18:57 | 作品 | Comments(4)