お知らせです。

11月10、11日に、横浜の赤レンガ倉庫で行われる、
展示会に友人のRomyさんと、「Robin」として、出展します。
(詳しくは、kiss2 BEARをご覧下さい。)

友人は、Romy's bearとしてベアの展示会に出展した経験をもっているのですが、
私は、自分の作品を出展するということが、
初めて(デビュー)なので、楽しみと、ドキドキした気持ちでいっぱいです。

Romyさんのベアもありますが、小物、バッグ、洋服類を予定しています。
2人で、「こんなのがあったらいいね♪」と会話から生まれた作品も制作中です。

作品ができたら、少しづつ紹介していきたいと思っています。


作っている過程で、

作品は、間に合うだろうか?
喜んでもらえるだろうか?
接客は?
(接客経験が殆どないので心配です。)

などなど、不安はあります。が、

友人と出展できる喜びと、
好きなことをできる嬉しい気持ちのほうが、
少し勝っていて、
この楽しい気持ちを伝えられたらと思っています。
[PR]
# by 4bee-sunny-smile | 2007-09-16 09:23 | お知らせ | Comments(0)
次男が年長さん(6才)のとき、

私が縫い物をしていると、

「僕にも布ちょうだい。」
(今まで言ってきたことはなかった。)

と、次男が言ってきて、7cm角ぐらいの布を渡しました。
(何か作りたいみたいで)

紙に何か絵を書いて、紙に布を巻きつけてみたり色々しています。

あれこれ考えてる様子で今度は、

「袋みたいに縫って!」

と言ってきたので、袋状にして、渡しました。

 

何分か経って、

作っていたものに、アメを入れてプレゼントしてくれました。 

c0132646_17461610.jpg
(画像がよくなくて、申し訳ありません。
色々角度をかえて
撮ってみたのですが…難しいです。(汗))

袋を手で抱えているようセロハンテープで貼ってあって、
顔は、我が家の長男にそっくりで、

見た瞬間、可愛らしいのと、こんな発想をすることに感心しました。






今まで、画用紙に、おり紙を貼り付けたり、
箱を使ってちょっと意味不明なロボットを作ったり、というのはあったけど、
たまに「コレ!」とくるのがあったりして、

子供って面白い。

普段、「ガミガミ」しがちで「あーあー」なんてため息ついたりしてると、
時々こういう私の「ツボ」に入ることを、
子供たちがしてきます。
やっぱり、笑ってる方がいいんでしょうね?!
(なかなか続きませんが…)

 
[PR]
# by 4bee-sunny-smile | 2007-09-13 06:49 | 4bee | Comments(0)
この時期になると、今年はどんな衣装にしようか?考えます。

子供たち(兄弟)が、英会話教室に通っていて、
10月の最後のレッスンの日に、
仮装をして、一緒のクラスの生徒さんに子供同士が、
お菓子をプレゼントするイベントがあります。 

教室の飾りもすごく、雰囲気があって、くもの巣、かぼちゃなど、
ハロウィンカラー(オレンジ、紫、黒)でいっぱいです。

先生は、外国の方たちなので、とでも本格的な衣装を着ています。
(本当に似合っていて、ウラヤマシイです。)

いつもの先生と違ってメイクや、被り物をしているので、
ビックリして泣き出したりする子供もいます。
(我が家も、初めのうちは、泣いてました。)

3~4クラス、だいたい7~8人、同時にレッスンしているので、
その日はみんな思い思いの衣装を着ていて、その日の教室は、
不思議な空間です。(笑)

初めてのハロウィンの時は、マントを作って着せました。

2年目の年は、
長男が遠視になり、メガネをかけるようになったので、
その頃、流行っていた「ハリーポッター」にしよう!
と思いつき、

次男は、「海賊」にすることにしました。

市販されてる衣装は、値段が高く手は出せないけど、
面白くしたいと思って、作ることにしました。

作り始めると、
凝ってしまって、制作に2週間もかかってしまいました(汗)

c0132646_961953.jpg

ハリーの衣装は、
コート、長ズボン(写真には写っていませんが)を作って、
あとは、自宅にあるのを利用することにしました。

海賊の衣装は、
シャツ以外、作ることになってしまって、
想像以上に時間がかかりました。

シャツと腰に巻いてる布を
紅茶で染めて古い感じがでるようにしてみました。
(写真ではわかりずらいかもしれませんが)

帽子は、作り方の本を見つけることができず、
どうしたら、この形ができるか?悩んでいて、
「パイレーツ・オブ・カリビアン」の映画を見て、
思いつきました。(lucky!)

「どうしたら、少しでもそれっぽくできるか?」と
考えながら作っている、過程が楽しく、面白いです。


せっかく、作ったので英語のイベントだけでは、もったいないと、
友人と地元のハロウィンのイベントにも参加しました。
(優勝は逃しましたが…)

子供たちは、見られて恥ずかしいのと、楽しいのと、
複雑だったようです。
親の自己満足になってしまうんでしょうけど…ネ(笑)
(翌年からは、英語のイベントのみですが、
 だんだん、子供たちも楽しんで着てくれるようになりました。)


ハロウィンの衣装が(その2)(その3)とあるので、
また今度紹介したいと思います。
[PR]
# by 4bee-sunny-smile | 2007-09-10 09:52 | 作品 | Comments(0)

 時々、「疲れたな」と思うとき、
 車をちょっと走らせて、近くの海に行きます。

 家族と、子供と私、1人でだったり。

 あまりキレイな海とはいえませんが、浜辺の石段に座って、
 「ぼーっと」して、ただ波の様子を見てたり、音を聞いたり、
 それだけなのに、今までモヤモヤしていたものが、
 帰る頃にはスッキリした気持ちになります。
 
 
 フェリーに乗る機会があって、
 甲板に出で周りを見たら、対岸の岸が見えて、
 その反対側は、視界いっぱいに
 
 眩しいくらい、キラキラした太陽と船と真っ平らな海が広がっていました。
c0132646_119454.jpg


 「世界中に広がってる海の大きさを想像したら、
  自分が小さく見えて
  悩みも何故か些細なことに思えてしまう気がしました。」

 海は、私を「リセット」してくれる場所かもしれません。

  
[PR]
# by 4bee-sunny-smile | 2007-09-07 11:13 | feel | Comments(2)
私の古くからの友人が2人共、同じような時期に女の子を出産しました。

産まれてから何ヶ月も経っているのに、気になりながらも、お祝いを贈っていなくて、
(私が悪いのですが…)
最近、やっと贈ることができました。

その友人達は、私が地元を離れるとき、心配してくれて、お祝いしてくれて、
励ましてくれて、本当に嬉しかったです。(涙)

その後も、年賀状の文字だったり、
時々する電話の声を聞くと、何だか安心して、
また元気が出ます!
(メールのやりとりもしますが、声を聞くほうが、その時の相手の感じとかが、
 伝わってくるので、好きです。)

何か心に残るものをと思って、作りました。

c0132646_17273597.jpg

スタイ  
 表側、裏側ダブルガーゼ
 (チェックの生地の色は、分かりずらいかもしれませんが、薄い紫です。)

 紐も全体に合わせて生成り色にしてみました。
 (紐の長さは、60cmです。)

(「もし、女の子がいたらこういうのをつけさせてみたいなぁ。」)

c0132646_17275855.jpgがま口ポーチ

薬を入れたり、
アメ玉を入れたりして、
使うのも良いかも。
[PR]
# by 4bee-sunny-smile | 2007-09-04 21:53 | 作品 | Comments(2)